魚と肴

魚へのこだわり

オープンして数年は料理人雇ってましたけど、
3年過ぎるころには自分でやってました。

経済的に苦しくなって雇われへんようになったから・・

初めは辛かったです、おいしかったって言われるの。

でもね、今は心からありがとうございますって言えるんです、
ただほとんど、よその店でパクった料理ですけど(笑)!!

魚へのこだわり
魚へのこだわり

オープンして以来たくさんの仲介人と知り合い、
そして、離れてきた…

今、改めて思うのは
取引する仲介人には格好つけさす!

市場でデカい顔させん事にはええもん回ってこえへん、
だから仲介さんが困った時には全部引き受ける。

その代わり仲介さんには俺でなくお客さんの事を考えてもらう。

ええもん食べてもらわん事には次来てもらわれへんで!
しょーもないもん卸したら次あれへんで、
せやから、しょーもないもん持って来たら、そんすんのんお前やで。

今の仲介さんとは、ホンマに仲良くなりました。

酒のこだわり

あのね、実は私、結構飲めそうな顔してますけど下戸なんです。

低活性ホモ型って言って日本人のおよそ10%、アルコールを分解できない体なんです。

ただ味はわかりますよ!!

でも、よーさん飲まれへんから取引酒蔵一つにしぼりました。

玉泉堂酒造の醴泉(れいせん) です。